このページの本文へ ナビゲーションメニューへ
ここから本文です

よくある質問 FAQ

jigムービーエンコーダーについて
jigムービーエンコーダーは、バッチエンコード(複数コンテンツの一括エンコード)に対応していますか?
jigムービーエンコーダーでエンコードすると、どのくらいのファイル容量になりますか?
jigムービーエンコーダーでライブ配信(リアルタイムエンコード)に対応していますか?
ライセンスについて
使用者が同じであれば、ライセンスを1つ購入する事で複数のコンピュータでjigムービーエンコーダーを使用しても大丈夫ですか?
プレイヤーの配布数に応じて、ライセンス料が必要ですか?
公式サイトで配信する場合は?
セットアップについて
起動できません
エンコード対応動画フォーマットについて
エンコード可能な動画フォーマットは?
「動画ファイル指定」を用いたエンコードについて
「動画ファイルから音声ファイルを抽出」は完了できますが、「動画ファイルから連番画像ファイルを抽出」が完了しません
「連番画像/音声ファイル指定」を用いたエンコードについて
TMPGEncの使い方が分かりません
「連番画像ファイルを結合・圧縮」に失敗します
「連番画像/音声ファイル指定」を指定して連番画像が入っているフォルダを開くと画像ファイルが見えません
動画品質について
ワイドスクリーン再生とは?
HSDPAには対応していますか?
動画品質上限200kbpsについて
配信サーバについて
配信サーバのスペックはどれくらいのものがいいのでしょうか?
1台の配信サーバにつき、何人まで同時接続することが可能でしょうか?
jigムービーエンコーダーについて
Q

jigムービーエンコーダーは、バッチエンコード(複数コンテンツの一括エンコード)に対応していますか?

A

はい、対応しています。
Ver.3.2.0より、GUIにて設定可能なバッチエンコード機能が標準搭載となりました。
また、UIも大幅に変更されており、今まで以上に効率よくエンコードを行えるようになりました。

Q

jigムービーエンコーダーでエンコードすると、どのくらいのファイル容量になりますか?

A

基本的には、元データのファイル容量にかかわらず、jigムービーでの設定により、出力されるファイル容量が決定されます。動画コンテンツ向けのデフォルト設定(HSDPA用データ有)では、1分あたり約16.4MB(30分で約492MB)となっております。

※上記概算値はVer.3.2.0より採用の新端末グループ設定の場合となります

Q

jigムービーエンコーダーでライブ配信(リアルタイムエンコード)に対応していますか?

A

jigムービー リアルタイムエンコーダー(別製品)が必要です。
リアルタイムエンコードに対応した「jigムービー リアルタイムエンコーダー」¥207,900(税込)をご用意いたしております。

ライセンスについて
Q

使用者が同じであれば、ライセンスを1つ購入する事で複数のコンピュータでjigムービーエンコーダーを使用しても大丈夫ですか?

A

1台のPCに1つのライセンスが必要となります。
複数台のPCでjigムービーエンコーダーを使用する場合は、使用するPCの台数分のライセンスを購入する必要がありますのでご注意ください。

Q

プレイヤーの配布数に応じて、ライセンス料が必要ですか?

A

標準プレイヤーを勝手サイトでご利用の場合は不要です。
「jigムービーエンコーダー」¥207,900(税込)に含まれております「jigムービープレイヤー」を勝手サイトにてご利用いただく場合には、ライセンス料は不要です。また、配布数に制限もございません。

Q

公式サイトで配信する場合は?

A

公式サイト用プレイヤーのご利用とライセンス契約を結んでいただく必要がございます。
公式サイトでご利用の場合は、別途「公式サイト用プレイヤー」をご提供させていただきます。(有料) また、プレイヤー使用に関するライセンス契約を別途結んでいただく必要がございます。
詳細をご希望の方は、弊社までお問い合わせください。

セットアップについて
Q

起動できません

A

jigムービーエンコーダーはJavaを利用したアプリケーションです。ご利用には、エンコードを行うPCに「JRE」がインストールされている必要があります。

下記のサイトからソフトをダウンロードし、インストールしてください。(JRE6を推奨します)

◆JRE6.0ダウンロード(必須)

http://java.sun.com/javase/ja/6/download.html

1.ページ中ほどの「Java Runtime Environment (JRE) 6 Update *」の[ダウンロード]をクリックして、次画面へ
2.Platform: のプルダウンより[Windows]をお選びいただき、「I agree to the Java SE Runtime Environment 6 License Agreement」に同意のうえ、チェックボックスにチェックし、[Continue]ボタンで次画面へ
3.Windows Offline Installationのjre-6u*-windows-i586-p.exeをダウンロードしてください。

※「Java」「JRE」はサン・マイクロシステムズ社の商標または登録商標で、同社が所有権を有します。

対応動画フォーマットについて
Q

エンコード可能な動画フォーマットは?

A

下記のコーデックは、弊社でエンコード確認が取れているコーデックになります。

  • WMV形式(推奨フォーマット)
  • MPEG1形式
  • AVI形式(Indeo, Cinepak)
  • Canopus DV(コーデックのインストールが必要)
  • 3ivx D4 4.5.1(コーデックのインストールが必要)
  • "Iris" [dvsd](コーデックのインストールが必要)

上記の他、下記の参考ソフトをインストールすることによって、対応する動画フォーマットを拡張することができます。

【参考ソフト】

  • ffdshow(DivX, XviD, MPEG-4, H.263, H.264, MPEG1, MPEG2, MJPEG, etc)
  • QuickTime Alternative(QuickTime)
  • FLV Splitter(FlashVideo)
参考ソフトのご利用に関するお問い合わせは当社ではお受けできません。
上記コーデック一覧は、弊社で完全動作を保証するものではありません。
また、コーデックのインストールにより、PCが不安定になる場合がございます。
ご利用の際は、ご注意ください。

※対応コーデックについては、今後弊社での確認が取れ次第、順次追加予定となっています。
※上記コーデックを使用したコンテンツでもエンコーダーのご利用環境によっては、極端にエンコードに時間がかかったり、エンコードに失敗する場合があります。また長時間コンテンツなどの場合、PCの処理落ちなどで同様に失敗する場合もあります。
※ムービーファイルからのエンコードが完了しない場合は、WAVE+JPEG画像群を用いたエンコードをお試しください。

「動画ファイル指定」を用いたエンコードについて
Q

「動画ファイルから音声ファイルを抽出」は完了できますが、「動画ファイルから連番画像ファイルを抽出」が完了しません

A

jigムービーエンコーダーを使用しているPCに、エンコードに使用しているムービーファイルに対応したコーデックがインストールされていない可能性があります。コーデックをインストールして、再度エンコードしてください。

ムービーファイルに対応するコーデックが入っているかどうかは、「ファイルを右クリック」→「プロパティ」→「概要」→「詳細表示」で表示される「ビデオ」の「ビデオ圧縮」をご確認ください。「ビデオ圧縮」が表示されていない場合は、対応するコーデックがインストールされていません。

ビットレートの高い動画をエンコードに用いた場合、処理落ちが発生して正常にエンコードできない場合がございます。この場合は、エンコードが完了できてもフレームレートが4以上にならないなど、不具合が生じます。

「連番画像/音声ファイル指定」を用いたエンコードについて
Q

TMPGEncの使い方が分かりません

A

「連番画像/音声ファイル指定」を用いたエンコードの場合、jigムービーエンコーダーを使用するまでに、予め動画編集ソフトを用いて動画から音声データ(WAVE)と画像データ(JPEG画像群)を抽出しておくことが必要です。

TMPGEncを利用すると、この作業を簡単に行うことができます。
ソフトは下記のサイトで提供されています。

◆TMPGEnc net

http://www.tmpgenc.net/ja/j_main.html

映像ソースの抜き出し方

  1. ツールバーの「ファイル」から「ファイルに出力」を選択
  2. 「連番BMP/PPM/TGA/JPG ファイル」を選択
  3. ファイル名「img」で任意のフォルダに保存
    ※JPEG画像群の保存場所は任意に選択することが可能です。

音声ソースの抜き出し方

  1. ツールバーの「ファイル」から「ファイルに出力」を選択
  2. 「WAVE ファイル」を選択
  3. 「音声を出力」にチェックを入れる
  4. 「PCM形式 8KHz 16ビット モノラル」に設定
  5. 任意の場所にWAVEファイルを保存
製品版jigムービーにて、16kHzまたは32kHzの設定でエンコードする場合は、それぞれ16kHzまたは32kHz以上の音声ファイルが必要となります。

【参考】

「サンプリング周波数コンバータ」の設定を高音質にする
※高音質に設定するとよりクオリティの高いWAVEファイルを抽出することが出来ます。

  1. ツールバーの「設定」から「環境設定」を選択
  2. 「オーディオエンジン」のタブを選択
  3. 「サンプリング周波数コンバータ」の「高品質」にチェックを入れてOKを押す

※TMPGEncは株式会社ペガシスの商標、または登録商標です。
参考ソフトに関するお問い合わせは、jig.jpではお受けできません。

Q

「連番画像ファイルを結合・圧縮」に失敗します

A

連番JPEGファイルのファイル名は、ファイル名がimg-0000000.jpgから始まる「img-連番(7桁の連番).jpg」になっていないと正しくエンコードできません。
動画編集ソフトで連番JPEGを保存する際、ファイル名に「img-連番(7桁の連番)」を指定して保存されているかご確認ください。
TMPGEncを用いて連番画像ファイルを生成する場合は、ファイル名に「img」を指定していただければ、「img-連番(7桁の連番).jpg」が生成されます。

Q

「連番画像/音声ファイル指定」を指定して連番画像が入っているフォルダを開くと画像ファイルが見えません

A

「連番画像/音声ファイル指定」では、連番画像の入っているフォルダとwavファイルを指定します。画像ファイルは表示されませんので、連番画像の入っているフォルダを指定してください。

動画品質について
Q

ワイドスクリーン再生とは?

A

カスタマイズにてご提供しております、映像を画面横方向に表示し再生する機能です。端末によっては、高画質のワイドスクリーン専用データを全画面にて表示するフルスクリーン再生が可能です。
詳細をご希望の方は、弊社までお問い合わせください。

Q

HSDPAには対応していますか?

A

jigムービーエンコーダーVer.1.3.5より、HSDPA端末専用の高品質なエンコードと再生に対応いたしております。Ver.3.2.0からは、905iシリーズ向けにさらに高画質な設定も可能となっております。

Q

動画品質上限200kbpsについて

A

一部対応端末において、動画品質上限を通常の150kbpsから200kbpsに上げるものです。これによって、非HSDPA端末での品質向上が可能となります。

※動画品質200kbpsデータの再生は、通常よりもシビアな通信環境が要求されます。通信が安定しない場合は、低品質データでの再生となりますので、予めご了承ください。

※Ver.3.2.0より非推奨設定となりました。

配信サーバについて
Q

配信サーバのスペックはどれくらいのものがいいのでしょうか?

A

jigムービーの配信には、「通信」と「ハードディスクドライブ」に負荷がかかります。配信規模に応じて、配信マシン推奨スペックより必要な設備を計算してください。
jigムービー配信中は、端末とサーバの間の通信が常に行われる状態になりますので、十分に負荷分散を行ってください。

Q

1台の配信サーバにつき、何人まで同時接続することが可能でしょうか?

A

同時接続数は、WEBサーバの仕様に準拠します。
Apachのデフォルトの最大同時接続数は256となっておりますが、十分な通信速度がないと通信障害が発生する場合があります。(目安として、150kbps×同時接続数の帯域が必要となります)同時接続数を制限するなどの、通信対策を行ってください。

 
ここからフッタです